2009年11月アーカイブ

 

新幹線に乗って、よく東京に行きますが、晴れた日でも富士山がきれいに見えることはあまりありません。

 富士山がきれいに見えたときに、携帯電話のカメラで座席から撮影することがありますが、下の2つは比較的きれいに撮れたものです。右側の方は、そこそこきれいに撮れていますが、左側の方は、ぼんやりしていますね。やはり、富士山は冬の方がきれいです。

NEC_0019(fujisan).JPG NEC_0002.JPG

20091030  gaikokujin seminar(2).JPG

10月30日に、岡崎商工会議所で愛知県などが主催し、「定住外国人の雇用を考える」セミナーが開催され、講師を務めました。

私の講演タイトルは、「ここが知りたい!外国人の労務管理のポイント~就労資格と労働契約、雇用保険、年金~」でした。

講演終了後は、非常に熱心なご質問もいただきました。

外国人の就労に関しては、入管法により厳しく制限されていますので、その制約について、まず説明しました。しかし、労働者である以上、労働法の扱いや労働保険、社会保険はすべて日本人と同じです。

唯一、厚生年金、国民年金において、外国人が帰国した後に掛け金の一部が戻る脱退一時金という制度が適用されることのみが違う点です。

外国人の雇用管理については、難しい面があります。

それは、背景となる文化の違いとコミュニケーションの難しさに由来するものですが、最近は、日本人の雇用管理についても、同じような難しさを感じている経営者が非常に増加しています。

最近の若者は、「常識が通じない」、「言葉が通じない」といった声をよく聞きます。確かにそうした面はありますね。

その意味で、外国人の雇用は、雇用における文化的な違い、コミュニケーションの難しさを克服するための非常に良い訓練になるのではと思い、そのことも講演で申し上げた次第です。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

最近のコメント

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。