人形町で見た「東京オリンピック」

| コメント(2)

Olympic.JPG

 東京オリンピックのポスターを見ました。

といっても、2016年の招致を目指すオリンピックではなく、1964年に行われたオリンピックのポスターです。

東京の日本橋人形町の料理屋さんで見かけました。

人形町、浜町はとても古い食堂やレストランが多く、値段もとてもリーズナブルです。

 三浦展(あつし)という優れたマーケッターがいます。

彼が、今年7月に「シンプル族の反乱~モノを買わない消費者の登場」という本を発刊しました。

 

是非一読をおすすめしたい本ですが、その中で、お金があっても車などは欲しくなく、質素に暮らすことがかっこいいと思う若者を中心とした「シンプル族」を分析していますが、このシンプル族に象徴される消費行動の変化が、日本の経済・社会の成り立ちを大きく変えてきていることがわかります。

 

そして、彼らが最も好む街は、東京で言えば渋谷や原宿や六本木ではなく、もっと古くて渋い街であり、たとえば神楽坂、谷中、千駄木、根津、浅草そして人形町だそうです。

 

顧問先企業がある関係で、人形町、浜町は時々訪れますが、懐かしい古き良き東京をイメージさせてくれる良い街ですね。

 

下の写真は、東京オリンピックのポスターが貼ってあった料理屋さんの玄関です。 

 

NEC_0092.JPG

 

コメント(2)

亀倉雄策さんのポスターですよね。いつ見ても感動があります。まだこういうお店があったんですね。

コメントをいただき、ありがとうございます。
歴史を振り返ると、色々な思いが湧いてきますね。
西川

このブログ記事について

このページは、西川幸孝が2009年7月12日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中京大学大学院の講義」です。

次のブログ記事は「マン・オン・ワイヤー観ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。